令和元年6月27日に宮崎県商工会議所にて、部内研修の講師をさせて頂きました。

今回のテーマは「職場でのハラスメントの防止に向けて」

妊娠、出産に関するハラスメント(マタハラ)とセクシュアルハラスメントについて

宮崎県の労働条件実態調査のデータや、労働相談件数の増加等のデータを示し

ハラスメントの基本的な定義や起こりうる背景。

職場でハラスメントが起こらないようにするための具体的な防止措置について

お話しさせて頂きました。

研修では、多くのご質問も頂き、活発なご意見が出されました。

ーー研修後アンケートーー

「自分には無縁と思っていたが各チェックリストで該当する箇所があり他人事ではないと思うようになった」

「普段意識していない事がハラスメントに繋がる可能性があると知って驚きました」

「組織として意識を持って取り組むことが大事であるという事がよくわかりました。」

「普通行っている動作がセクハラになっていないかのチェックの時に、無意識的な部分で行う動作には気を付けないといけないと思った。」

「ハラスメントの具体例が印象に残った。感想を共有する事で理解を深められました。」

「様々なハラスメントが存在している中でもっとも大事なのは個人を尊重した働きやすい職場づくりなんだと分かりました。ありがとうございました。」

「事業主が対応すべき事項が印象に残りました。内容がこれまで研修の機会がなかったので。改めて勉強できてよかったです。本当にありがとうございました。」